「ブロックチェーン+医療」の融合 IWP医療グローバルチェーンのオンライン化 ​

12-16 coindaku

1.png


人々の生活レベルの向上と健康に対する要求の渇望に伴い、インターネット、クラウドコンピューティング、人工知能などの技術を利用して完全な遠隔医療メカニズムとプラットフォームを構築します。

現在、国家が強力に推進している診療・医療技術や資源の相互接続、遠隔地の医療レベルの向上、医療システムのデジタル化の実現はすでに政府から医療衛生部門及び社会全体の発展に繋がっています。

多くの技術を持った企業も積極的に新技術の医療領域における変化を探索し、科学技術の知的化によって遠隔医療クラウドプラットフォームを構築することで未来の医療に対して高度な発展を実現しています。

全世界の医療情報化が急速に発展している現在、医療における「データアイランド」の難題は依然としてわたしらを悩ませており、医療機関、社会保険機構、研究機関、医療サービスプロバイダ、患者間のデータは相互に共有・効率的に伝達できず、医学研究、医薬研究開発、医療金融、病院管理、臨床医療及びビッグデータ医療の進歩を深刻に阻害しています。

「データアイランド」という世界的な難題を解決するために、アメリカに位置する多国の生物科学者、医学専門家、細胞再生専門家とブロックチェーン専門家からなるIWP財団は、医療業界の特徴に対してブロックチェーン及び独自のクロスチェーン技術を利用して、データプライバシーを保護した上でデータ信頼問題を解決します。

オープンで平等、安全なスマート医療チェーンを構築し、機関や業界を越え、全世界の医療データ共有プラットフォームを構築することを趣旨としています。

IWP財団はアメリカコロドラ州で設立され、フィジー、アメリカ及び中国、アジア太平洋多国籍連合の多くのベンチャー会社から構成されています。

したがって、IWP財団は高い可能性、信頼性、そして透明性を持っています。

IWP財団はブロックチェーン技術を利用して透明性があり、改ざん不可能なブロック中のすべての人の情報の真実性を保証し、全世界初の医療型チェーンを構築します。

IWP財団は、ヘルスデータを安全に記憶および共有するために、ブロックチェーン技術を使用して分散化プラットフォームを構築します。


2.png


IWP1.0:プライバシー保護、セキュリティ共有

IWPはBaaS、PaaS、IaaSに基づいて、ヘルスケア業界のデータ応用シーンを結合し、コンセンサスアルゴリズムと暗号学アルゴリズムの2つの核心技術に対して最適化を行い、システムの安全性と業務処理効率を有効に向上させます。

IWP財団は医療機関ノードとその対応取引を実名規制し、ブロックチェーン取引や知的契約データのプライバシー保護と権限管理を行うことができます。リンク上のプライバシデータ、使用データ、格納位置などの敏感な情報が多重暗号化され、ハッカーの攻撃の難しさが大きく増加する一方、単一ノードが破られても、そのデータ解析の難しさは攻撃行為の収益を極端に低くしては元も子もありません。

图片

IWP2.0 医療共通証を用いたIWPTグローバル展開

IWP2.0では全世界初のIWPT医療共通証を発売し、安全、信頼、追跡可能、制御可能などの特徴を完全に満たす、ブロックチェーンを医療保障領域に潜在力のある新しい技術であり、ヘルスケアデータの管理に非常に重要です。

IWPTは大手取引所によって自由に売買取引を開通させ、市場へ流通することで多くのユーザーに認知されることで、未来のヘルスケアビッグデータは大きくなっていく可能性があり、価値は高く、将来の期待値は高いです。

IWP財団はクロスチェーンプロトコルを利用して、チェーンとチェーンの間、人と人の間、機構と機構の間のデータ隔離を行い、個人のヘルスデータは鍵の認証を経た後、病院、科学研究機構、製薬会社、産業機構などの領域でデータ共有が実現され、臨床診療、基礎科学研究、薬物開発、産業応用などの方面で価値相互作用を実現することができます。

データの共有と価値の相互交流の基礎の上で、IWP財団は医療データ管理、医師と患者のコミュニティ、医療保険パートナー、保健品と薬品の偽造防止トレーサビリティ、健康管理、ブロックチェーンのインターネット知能設備、通証支払い、公益基金などの方面で大規模な応用シーンを提供し、初めて応用可能な医療公チェーンであり、ブロックチェーン3.0の模範でもあります。


3.png


IWP3.0データの共有、富の共有

IWPプラットフォームでは、各参加者がデータの共有と使用、Tokenの取得と消費を効率的に接続します。IWPエコシステムを共同構築、完備し、共同でIWPプラットフォームを構築します。

IWP財団は医療産業チェーンの全エコシステムを統合し、データとアプリケーションをめぐって一連の活動を展開しており、データに関する参加者には,検証ノード、データ貢献者、データ消費者、データの生産と使用過程にIWPTTokenの発生と移行が伴い、アプリケーションに関する参加者には、アプリケーション開発者、アプリケーション利用者、アプリケーションの開発と使用過程においてもIWPTTokenの発生と移行を伴います。

世界初の医療ブロックチェーン研究開発機構として、IWPブロックチェーンはすでに全世界の40余りの国、320余りの機構、2000人以上の協力パートナーと広範な協力関係を構築し、広範な応用技術を備えています。

分散化された医療ヘルスサービスプラットフォームとして、IWPは豊富な医療系DAPPを支持する能力があり、しかも各方面の利益を十分に協調することができ、手を携えて開発者と病院との協力を共同で推進し、病院医療データのより多くの入口へのアクセスを実現し、それによって絶えずIWP医療サービスプラットフォームは稼働し、成長する医療サービスエコシステムを実現します。

IWP財団は、グローバルな人々の生活のビッグデータを共有・交換するためのエコシステムの構築を推進し、個人の医療データの交換を通じて「健康と長寿」の究極の追求を推進することを究極の目標としています。


4.png


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。